煮干し

にぼし

 煮干しとは、カタクチイワシなどを煮て干したもので、コンブ、カツオブシに次ぐ日本の代表的な出汁の素材。うま味成分はコンブやカツオブシにもまさるといわれるが、同時に乾燥した小魚の死臭、すなわちミイラ臭が強いので、なんの工夫もなく使用すると大多数の日本人から「野蛮な味」として敬遠されることになる。この点が、コンブ、カツオブシという二大スープストックの後塵を拝している原因とも思われるが、味噌汁やうどんの汁などとの相性のよさは捨てがたく、偉大なる三番手の地位はゆるがない。(CAS)

カテゴリー:図版付き解説

煮干し ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ