にわ

 庭とは、住宅の敷地のうち、お金が足りなくて建物が建てられなかった部分のことをいう。もっとも土地の持ち主は、敷地が広すぎて庭にするしかなかったとか、法律で建築面積が規制されていたとか、小さくてもいいから庭がほしかったなどと主張するのであり、それを証拠立てるために、和風庭園、イギリス式庭園、プール、家庭菜園などを作ったりして、お金をかけているのである。

 「にわ(には)」の語源は諸説あるが、本来の意味は「神事や作業を行うための広く平らな場所」。一方、英語のgardenはもとは「囲われた土地」という意味。日本と西洋の、所有地に対する「のんき度」の違いがわかる。なお漢字の「庭」は「中庭」の意味。神事を行う場所(廷)を建物で囲っている(广)ことを表している。日本と西洋の中間という感じだが、やはり自分の土地は囲わなければ気がすまないらしい。(CAS)

庭 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ