この辞典の使い方「に」で始まる言葉>二の足を踏むの意味

カテゴリー:慣用句

二の足を踏む

にのあしをふむ

 二の足を踏むの「二の足」は「二歩目」という意味。勢いよく一歩目を踏み出したのはよいが、なんらかの事情があって二歩目が踏み出せない、その場で足踏みしてしまう状況が「二の足を踏む」、つまり、躊躇する、ためらうという意味である。きれいなおねえちゃんがそろっているという評判の店に勢いよく乗り込んで行ったのはよいが、悲惨な現実を目の当たりにして、ここまで来てしまったのだから諦めて犠牲になるべきか、勇気をふりしぼってきびすを返すべきか、悩んでいるあなたの心情こそが「二の足を踏む」である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ