この辞典の使い方「な」で始まる言葉>鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥の意味、由来

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥

なかぬならなくまでまとうほととぎす

 鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥とは、江戸幕府の創始者徳川家康の性格を表す句として、織田信長の「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」、豊臣秀吉の「鳴かぬなら鳴かしてみしょう(鳴かせてみせよう)時鳥」とともに、後世創作されたもの。「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」は、機が熟するのを待って長期政権の基礎を築いた家康の忍耐強さを表しているとされるが、この句だけ純粋に観賞すると、日本政治にありがちな先送り、棚上げの勧めとも受け取れる。徳川幕府は家康のこの家訓を守り、幕末にアメリカのペリー提督が来航したさいも、さしたる解決策も示さないまま時を過ごすと、翌年再びペリーホトトギスは鳴き(再来航し)、その鼻息の荒さに負けた江戸幕府は開国を余儀なくされるのであった。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ