鳴かず飛ばず

なかずとばず

 鳴かず飛ばずとは、売れない芸人などを鳴きも飛びもしない鳥に例えた言葉。紀元前七世紀ころ、遊び暮らして国政を蔑ろにしていた中国の国王を臣下が「三年飛ばず鳴かず、これ何の鳥ぞや」と諫めたという『史記』などに載る故事が原典。つまり「鳴かず飛ばず」は、本来はきれいな声で鳴き、空を飛べるにもかかわらず、機会に恵まれないか、やる気がないかして鳴きも飛びもしない鳥に対して言った言葉であり、本質的に鳴いたり飛んだりする能力のないダチョウのような大半の芸人に対してこの例えを用いるのはピントがはずれているといえる。(CAS)

鳴かず飛ばず ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ