この辞典の使い方「な」で始まる言葉>難攻不落の意味

カテゴリー:四字熟語

カテゴリー:政治、軍事

難攻不落

なんこうふらく

 難攻不落とは、戦国時代の軍事拠点であった城の防衛力の高さを言った四字熟語で、「攻撃するに困難で決して落城しない」という意味。「攻めるに難い」は問題ないとしても「不落」は言い過ぎで、「難攻不落」と形容された城が、戦国時代にはばたばた落城している。とはいえこの言葉は、軍事の責任者が相手方の城を攻めるさいに「難攻不落の城でござるが」などと事前にことわっておくのに都合がよい。そんな城を攻め落とすことができれば大きな手柄になるし、万一攻めきれなかったとしても「無理もない」と同情してもらえるからである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を