習うより慣れよ、習うより慣れろ

ならうよりなれよ、ならうよりなれろ

 習うより慣れよの「習う」は「学習する」という意味、「慣れる」は「経験して身につける」という意味。したがって「習うより慣れよ」とは、机上の学習より実践して身体に覚えさせた方がよいという、オンザジョブトレーニングの勧めである。つまり、世の中がトラックの運ちゃんや植木屋さんのように、聞いて覚えただけでは使い物にならない職業ばかりでなりたっていた時代のことわざであるが、いまでも勉強は嫌いだが金儲けはしたいという若者を励ます言葉として通用している。(CAS)

習うより慣れろ 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆ピザは解放である

デリバリー

◆イナゴ食っても肉食?

肉食

◆ラーメンは何食?

和食日本食

◆え?それを食う?

河豚の卵巣の糠漬け

 

◆オレも苦しいんだよ

お互い様

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を