この辞典の使い方「な」で始まる言葉>無い袖は振れないの意味

カテゴリー:慣用句

無い袖は振れぬ、無い袖は振れない

ないそではふれぬ、ないそではふれない

 無い袖は振れぬ(無い袖は振れない)の「袖(そで)」は、日本の着物で、腕を包んでいる部分をその下のたもと(膨らんでいるところ)も含めていう言葉。昔はたもとの中に小銭を入れていたので、「無い袖は振れぬ」とは、食事をおごってくれとたかりにきたあなたの友人に対して、ことわる際に「小銭もないのにおごれるわけないだろう」という意味あいで用いる。ある落語家が後輩の落語家から食事をおごってくれと頼まれて「無い袖は振れない」とことわると、その後輩が「おれが貸すからおごってくれ」と言ったというのは有名な話。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ