この辞典の使い方「な」で始まる言葉>泣く子と地頭には勝てぬの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

泣く子と地頭には勝てぬ

なくことじとうにはかてぬ

 泣く子と地頭には勝てぬとは、泣き叫んでいる子どもや権力を笠に着た地頭には、理詰めで説得しようとしてもムダで勝ち目はないという状況を嘆いたことわざ。「地頭」とは、鎌倉幕府の職名で土地の管理や租税の徴収などの権限を持った者をいう。地頭がどれほど傍若無人な存在であったかわれわれは知るべくもないが、泣きわめいているくそガキがどんなものであるかはよくわかるので、そこから、ヤツらが権力を振りかざして庶民を搾取していた手に負えないイヤなヤツであったことは容易に類推できる。(CAS)

泣く子と地頭には勝てぬ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ