情けは人の為ならず

なさけはひとのためならず

 情けは人の為ならずとは、直訳すれば「恩情は人のためでなく、自分のためにかけるものだ」という意味で、その心は「いま人に恩情をかけておけば、やがて自分にも幸福が訪れるのだから、積極的に善行を施しておきなさい」と解く。つまり、いくら哲学的に深い意味があっても、「無償の愛」といったタテマエ論では人は動かず、ウソでもいいからなにがしかの動機付けが必要であるという慈善家のホンネを言い表したことわざである。

 なお、近年「情けは人の為ならず」は、しばしば「情けは人の為にならず」と誤解される。この場合、「情けをかけることは本人の自立のためにならないからやめておけ」と解釈され、本来の「善行の勧め」とは正反対の教えとなる。つまり、最初から善行をほどこす気のない人がタテマエとして掲げる言い訳であり、時代の気分を表す誤用である。(CAS)

情けは人の為ならず ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ