悩み

なやみ

 悩みとは、問題の解決のためにあれこれ考えて苦しむこと。しかし、考えても問題は解決されずなんの結論も出ないからこそ苦しむわけであって、そうしてみれば、悩みとは、なんの解決にもならないムダなことをあれこれ考えて苦しむことだと言い換えられる。

 ゲーテの「若きウェルテルの悩み(Die Leiden des jungen Werthers)」を持ち出すまでもなく、悩みは若者の特権である。つまり、若いヤツはバカなので、問題を解決するための有効な思考法を持たないから「悩む」ことになるのである。さらにヤツらは想像以上にバカなので、解決すべき問題そのものが見つからずに悩んでいるというケースも考えられる。

 最近の若い者は、以前の若者ほど悩みを持っていないように見受けられるが、これは鋭い思考力によって問題をすべて解決しているからというわけではなく、バカを通り越して考える力そのものがないか、あってもそんなことを考えているヒマがないからだと思われる。

 日本語の「なやむ」は、身体の力が抜けるという意味の「萎(な)ゆ」から派生したとも、「萎え」と「病む」の合成語だともいわれるように、本来は身体の病気などによって苦しむという意味だった。ウェルテルの悩みのドイツ語Leidenも悩み、苦しみのほか、病気という意味が含まれている。つまり「悩み」は肉体的な病気のようなものと見なされていたわけだが、「バカにつける薬はない」と言われるように、肉体的な病気のように有効な薬はないのである。(CAS)

悩み ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ