何くれとなく

なにくれとなく

 何くれとなくの「くれ」は、はっきり示さずに不明・不定の人や事物を例にあげるさいの代名詞。したがって「何くれとなく」とは、何と特定はできないがあれやこれやという意味で、「あの人には何くれとなく面倒を見てもらっている」などと用いる。面倒を見てもらっている事項をいちいち具体的にあげてもいいが、そんなことをすると負担が大きすぎて義理を返すのが大変なので、「何くれとなく」とひとことで済ましてしまう場合と、逆に、実はたいして面倒を見てもらっているわけでないので具体的に事柄を挙げることができず、単なるおべんちゃらとして用いている場合とがある。(CAS)

何くれとなく ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ