この辞典の使い方「な」で始まる言葉>なるほどの意味、語源

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

なるほど

なるほど

 なるほどとは、本来は「できる限り」「精一杯」という意味の言葉で「成る程働いた」などと用いられたが、いまでは主に、相手が偉そうに自説を展開しているとき、反論してめんどうな議論にまきこまれたくない場合に、「確かに」「その通りだ」と納得しているようなふりをするためのあいづちの言葉として用いられる。ただし、語源からもわかるように「なるほど」という言葉は「私もいろいろなことを知ってはいるが、きみの言うことにも一理ある、できるかぎり理解するよう努めよう」といった上から目線的な意味合いを含んでいるので、地位が上位の相手に対しては、その人がよほどのバカであるという事実が確認できない限り、避けたほうがよい言葉ではある。(CAS)

なるほど 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ