虎は死して皮を留め人は死して名を残す

とらわししてかわをとどめひとはししてなをのこす

 虎は死して皮を留め、人は死して名を残すとは、人間の皮は虎の皮のように高く売れないし、リビングのカーペットとしても適さないから、死後も人々に忘れられないようにするためには、人間は名前を残すくらいしかないということわざ。

 中国後梁時代の武将王彦章(おうげんしょう)が、敵に捕らえられた際、「豹(原典は虎ではなく豹)は死して皮を留め、人は死して名を残す」と言い放ち、助命を断って処刑されたという故事による。この最期の捨て台詞のおかげで、王彦章はどうにか名前を後世に留めている。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を