この辞典の使い方「と」で始まる言葉>独擅場、独壇場の意味

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

独擅場、独壇場

どくせんじょう、どくだんじょう

 独擅場(どくせんじょう)の「擅(せん)」の字は、思い通りにするという意味があり、独擅場とは、ひとりで思うままに活躍する場、つまりスーパーマンのクライマックスをいう。「擅」の字が、舞台や演台を意味する「壇(だん)」の字に似ているため、日本で「独壇場(どくだんじょう)」と誤って表記、発音されるようになり、いまではどちらかというと「独壇場」の方が多用されているというぐずぐずの状況である。「擅(せん)」の方はほとんど用いられない字でもあり、「独壇場(どくだんじょう)」というと、演劇のひとり舞台の意味あいが強くなるので、誤られるべくして誤られた言葉というべきだろうか。(CAS)

独擅場、独壇場 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ