投機

とうき

 投機の「機」は、機会、チャンスの意味。「投資」が比較的安全な対象に資産を投じる行為であるのに対して、「投機」はリスクが高いが見返りも大きい対象に、幸運を信じて賭け金を投じる行為をいう。とはいえ、「投機筋(すじ)」と呼ばれる投機関係者にいわせれば、「私どもの活動は、将来の価格変動の確実な予想(つまり、経済学の博士の精緻なアルゴリズムによる予想、または、よく当たる霊能者のお告げ)のうえに行う売買行為であり、一か八かのギャンブルではありません」となり、「宝くじ」に対して「競馬」くらいの確実性はあるというわけである。しかしいかなる投機も、貧乏人がなけなしの銭を投じるには危険性は高く、「投機」というよりは「投夢」といったほうが適切ではないかと感じられる。(CAS)

投機 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を