同病相憐れむ

どうびょうあいあわれむ

 同病相憐れむとは、同じ病気や悩みを持つ人は互いの気持ちが分かるから同情しあうということわざ。出典は中国後漢時代の史書『呉越春秋』「闔閭内伝」で、家族を殺された二人の人物が協力して復讐をとげるという逸話の中で用いられた例え。しかし現代、高齢者同士の会話では、病気を憐れむどころか、互いの病気自慢がはじまり「病人相張り合う」という状況になるのが普通である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を