十で神童十五で才子二十過ぎればただの人

とおでしんどうじゅうごでさいしはたちすぎればただのひと

 十で神童十五で才子二十過ぎればただの人とは、十歳のころ神の子(神童)と呼ばれるほど優れていた人が、十五歳には多少頭のよい人(才子)になり、二十歳をすぎれば凡人になってしまうという意味で、要するに、我々大人社会はくだらない常識や嫉妬心のために、抜き出た才能を常につぶそうとする傾向にあることを言っている。

 このような残念な結果を未然に防ぐために「能ある鷹は爪を隠す」といった格言も生まれ、「才能のある者は目立ちすぎるな」と警告しているが、才能は隠せば隠したでやはり「二十過ぎればただの人」という残念な結果になることに変わりはない。(CAS)

十で神童十五で才子 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を