どさくさ

どさくさ

 どさくさとは、災害や事件によりあたりが騒然としている状態をいう。つまり、政府があまり人気のない政策を押し進める絶好の機会のことである。「どさ」は、江戸時代後期に佐渡金山の人足確保のために行われた博徒狩りを、「佐渡」を逆転させて「どさ」といったところから来ているとする説があるが、江戸時代初期に井原西鶴は「どさくさと入り乱れ」(『世間胸算用』)などとすでにこの言葉を使用しているので、博徒狩り説は、話としてはおもしろいが、あまりあてにならないようである。(CAS)

どさくさ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ