この辞典の使い方「と」で始まる言葉>どこの馬の骨の意味

カテゴリー:慣用句

どこの馬の骨

どこのうまのほね

 どこの馬の骨とは、身元のはっきりしない者をさげすんでいう言葉で、「娘がどこの馬の骨とも知れない男を連れてきた」などと用いる。「馬の骨」は、「鶏肋(けいろく:ニワトリのろっ骨)」とともに、中国で役に立たない(けれども捨てがたい)ものの代表とされていたようで、役に立たないものというニュアンスが、身元のわからない怪しげなものに変化して、現在の「どこの馬の骨」という言葉が成り立ったらしい。しかし、中国や台湾のネットを見ると、漢方薬の材料として「馬骨」が挙げられており、してみると、「馬の骨」は必ずしも役に立たないものではなさそうである。もっとも漢方薬の材料となると、「ほんとうに馬の骨なのか」とか「ほんとうに病気に効くのか」といった、別の意味での「怪しさ」がにじみでて、「どこの馬の骨」の語源としてはそのほうがむしろ適しているといえないこともない。(CAS)

どこの馬の骨 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を