とんでもない

とんでもない

 とんでもないとは、常識では考えられない、とてつもない、思いがけないといった意味で、「とんでもない事件」「とんでもない高さの建物」などと用いられる。道理や常識をはずれているという意味の「途でもない」が変化した言葉だといわれる。また「とんでもないやつ」「とんでもない意見」などという場合は、「たいへん悪い」「とても受け入れられない」という否定的な評価を強調した言い方となる。「儲かってるそうじゃないか」と問われたとき、「とんでもない」と返すのは、「まったく儲かっていません」という強い否定を意味するが、「事実はどうあれ、あなたには儲かっていると思われたくない」という気持ちがこめられている。また、「わざわざお越し頂いてありがとうございます」という感謝に対して「とんでもない」と強く否定することがあるが、これだと「感謝なんかするんじゃねえ」とでも言いたそうな剣幕であるが、その意図するところは「私は他の仕事が忙しいのにわざわざ来たわけでは決してありません、喜んで参ったのです」ということ。さらに、相手の謙遜に対して「私のようなゴミみたいなやつをそんなにお気遣いいただくのは大きな間違いでございます」と謙遜で返す意味あいも含んでいると思われる。(CAS)

とんでもない 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ