敵に塩を送る

てきにしおをおくる

 敵に塩を送るとは、戦国時代、塩の補給路を断たれて困窮していた武田信玄のもとへ、敵対関係にある上杉謙信が塩を贈ったという泣かせる故事に基づいた言葉で、いわゆるスポーツマンシップを食うか食われるかの社会で発揮することをいい、その後の展開として予想される「恩を仇で返す」という結末と相性のいい成句である。(CAS)

敵に塩を送る ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を