手拭い、手ぬぐい

てぬぐい

 手ぬぐい(手拭い)とは、手をぬぐうものという意味の木綿の布で、庶民の間に広く普及していた江戸時代には、ハンドタオル、ハンカチのように水や汗で濡れた手や顔をぬぐうほか、入浴後に体をふくバスタオルの機能もはたしていた。手ぬぐいのサイズはハンドタオルに近いが、ハンドタオルのように起毛した織り方ではないので、濡れた身体を拭くにはタオル類のような吸水性と大きさに欠け、一方でハンカチのように持ち歩くには大きい、つまり「タオルに短しハンカチに長し」という中途半端さであり、現代では利用が減っている。庶民の誰もが手ぬぐいを持っていた江戸時代には、染色が発達しデザインも多様になり、手ぬぐいをもちよってそのデザイン性を競う競技会のような催しも行われたほどである。また手ぬぐいは、身体をぬぐうという本来の用途のほか、はちまき、ほおかぶり、あねさんかぶりなど、かぶりものとしても広く用いられ、物売りや農民など日中外で仕事をする人々のほか、夜間に人目を忍んで活動する泥棒にも、頭や顔を隠す必需品であった。

 このように「いろいろな用途で使える」という、総合職的な手ぬぐいの特長が、「肝心の用途には使いにくい」というありがちな経過をたどって、ハンドタオル、ハンカチ、バスタオルという専門職に職場を奪われていったのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を