この辞典の使い方「て」で始まる言葉>天地神明の意味

カテゴリー:四字熟語

天地神明

てんちしんめい

 天地神明とは、天と地の神々(神明)、つまりすべての神々という意味。「天地神明に誓って……」と、誓いの言葉を言うときの前置きとして使うことが多い。キリスト教などでは、神は一人なので手続きも簡単だが、神々が大勢いる中国や日本では、神様全員に了解を得なければならないので、こんな大げさな言い方になるのである。しかも、誓う相手が海のものとも山のものともつかない(天のものと地のものだそうだが)得体の知れない神々ときては、「天地神明に誓って」などという言葉がウソくさく響くのも無理からぬというものである。(CAS)

天地神明 ついでにこんな言葉もチェックすべし


この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を