天は二物を与えず

てんはにぶつをあたえず

 天は二物を与えずとは、神様はわれわれ人間に二つの物を与えないという意味だが、ここでいう「物」は才能や資質を指す。つまり「天は二物を与えず」とは、美しい顔の持ち主はえてして性格が悪いとか、頭がよくても金儲けの才能はないとか、われわれ嫉妬深い凡人が才能や資質を発揮している人々をうらやみ自分自身を慰めるために用いることわざである。

 多くの人はこのことわざを「天は二物は与えないが、一物は与える」と誤解しているようだが、「天はほとんどの人に一物さえ与えない」のが厳しい現実であって、冷静に考えればこんなことわざでは慰めにもなにもなりはしない。(CAS)

天は二物を与えず ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ