↑↑↑おすすめインデックス(モバイルの方はメニュー→五十音インデックス→各項目へ)

この辞典の使い方「つ」で始まる言葉>面の皮が厚いの意味

カテゴリー:慣用句

面の皮が厚い、ツラの皮が厚い

つらのかわがあつい

 面の皮が厚い(ツラの皮が厚い)の「面の皮」とは顔の表皮のこと。顔の表皮が厚ければ表情が乏しくなると考えられるので、「面の皮が厚い」は、どんな非難を受けても顔色をかえたり、表情に表れたりしないふてぶてしさを意味する。表情が変わらないという点では「ポーカーフェイス」と同類の言葉だといえそうだが、「ポーカーフェイス」がどんな強い手役がついても眉ひとつ動かさないクールさを肯定的に言い表しているのに対して、「面の皮が厚い」は鈍感、ずうずうしい、腹黒いといったネガティブな印象の強い言葉である。ただ、「ポーカーフェイス」なヤツはもちろん、「面の皮が厚い」ヤツも、ポーカーをやったらゼッタイ強そう、という点では共通している。

 「面の皮が厚い」を極端にしたのが「鉄面皮(てつめんぴ)」で、こうなると鉄仮面をかぶったようにほとんど人間的な感情の起伏のない冷酷無慈悲な人物を表現することになる。鉄面皮なヤツともなると、ポーカーなんかに参加さえしそうもないので(鉄仮面みたいなヤツが参加したとしても、誰も相手をしそうにない)、少しは人間らしさのある「面の皮が厚い」ヤツや「ポーカーフェイス」なヤツとほとんど共通点はない。(CAS)

面の皮が厚い ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ