次の間

つぎのま

 次の間とは、主たる部屋に次ぐ部屋という意味だが、昔の武家住宅などで、主人の居室や客を迎える座敷の隣りにあって、使用人などが主人の声がかかるのを待っている控え室のことをいう。江戸時代になって武士も狭い貸家などに住まうようになると、「次の間に下がってひかえておれ」などと命じられた使用人は、家を追い出されて隣家との間の路地でお声がかかるのをぼんやり待っていたりするのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆こてこて名古屋メシ

味噌煮込みうどん

◆百歩譲って負けました

百歩譲って

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を