つくえ

 机とは、勉強するとか読書するとか称してその上に肘や腕、頭を乗せて眠る台のこと。つまり勉強するにしても眠るにしても、あまり使い心地のよくない中途半端な家具ということである。もとは食器などを乗せる台状のもの一般をいったが、現代では主に読み書きをするための文机(ふづくえ、ふみづくえ)のことをいう。「つくえ」は、「杖を突く」のように棒状のものを垂直に立てるという意味の「つき(突き)」に、棒状の支えるものを意味する「え(枝・柄)」が付いた言葉ではないかと考えられている。まさに頬づえをついて居眠りするための台にふさわしい語源である。(KAGAMI & Co.)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ