ったく

 ったくとは、「まったく」の「ま」を略した言葉で、「本当に」「マジで(本気で)」という意味を強調した言い方。「ったくもう、なんだっつーの(本当にもう、何が言いたいのですか)」「ったく、やんなる(マジでいやになる)」などと用いる。日本語では本来、促音を表す小さい「っ」から始まる表記のしかたはないが、「ったく」は話し言葉の調子をそのまま書き言葉で表現したものである。話すときは、「まったく」というつもりで、「ま」を発音せず、そのまま「ったく」と続ける。つまり、「まっ(1)たく(2)」という2拍子の1拍目を休んで(ただ休むのではなく、「まっ」というつもりで休んで)2拍目から入るアフタービート(オフビート)の発声となる。このようなアフタービート発声の言葉には、他に「ってか(というのか)」「ったらまあ(といったらおそらく)」などがあり、ちゃんと話すには多少の練習が必要である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ