チビ、ちび

ちび

 ちび(チビ)とは、身長の低いこと、また身長の低い人、あるいは、子どもを呼ぶときの愛称としても用いられる。チビの語源は「丸くて小さいもの」を意味する「ツブ(粒)」の動詞形で「角がすりへって丸くなる」という意味の「つび(禿び)」であり、すり減って小さくなるところから「ちび」となったものという。「つび(禿び)」は当てられた漢字からもわかるように「毛が抜け落ちる」、つまり「ハゲる(禿げる)」という意味もあるが、われわれはここにおいて「チビ」「ハゲ」という、おやじ差別の二大要素が共通の語源であったという衝撃の事実を知るのである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ