醍醐味

だいごみ

 醍醐味とは、もとは牛乳を精製してバターを作るときの最終段階の味、要するにバターの味を意味する仏教用語で、そこから、最高級の味、もっともうまい味、さらに芸術作品やエンターテインメントを鑑賞したり趣味やスポーツを行うさいの最高のおもしろさ、楽しさを言い表す言葉として一般的にも用いられるようになった。日本では、家畜を主とした肉食が禁じられ、牛乳さえも飲まれないようになったので、もとの意味は忘れられ、もっぱら後者の意味で用いられている。したがって「醍醐寺」という寺院は、「バター寺」と解釈するべきではなく、「最上級のお寺」という意味にとらえたい。(CAS)

醍醐味 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ