この辞典の使い方「た」で始まる言葉>畳の上で死ぬの意味

カテゴリー:慣用句

畳の上で死ぬ

たたみのうえでしぬ

 畳の上で死ぬとは、正確に言えば「自宅の畳の部屋にふとんを敷いてその上で死ぬ」ということであり、ふつう「畳の上で死にたい」という願望表現で用いられ、死ぬときは、病院であちこち管を刺し込まれて死ぬとか、路上で犬のようにクルマにはね飛ばされて死ぬとか、コンクリート詰めにされて海底に沈められるというのではなく、自宅で穏やかに死にたいという、現代では望み薄であり、家族にもうとましがられる希望を言い表すさいに用いる。(CAS)

畳の上で死ぬ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆ピザは解放である

デリバリー

◆イナゴ食っても肉食?

肉食

◆ラーメンは何食?

和食日本食

 

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を