大臣

だいじん

 大臣とは、国の行政機関のポストの名称であり、主な役割は、国民に行政機関が行っていることを報告したり、利益団体の要求を官僚に連絡するメッセンジャー、および聞き分けのない子どものような野党のいちゃもんに対応するクレーム処理係。

 日本の大臣は、就任当初は作文もろくに読めないような素人であるうえに、ようやく仕事を覚えたころには、ボスがドジを踏んで巻き添えに会ったとか、選挙権のない外国人と仲がよかったとか、腹の中で思っていたことを正直に口にしたとか、たいした理由もなく首をすげ替えられるので、そこらへんのアルバイターのようにあてにならないことこの上ない。ただし、専門分野で既得権益の守り方をしっかり勉強してきた人物が大臣に就任した場合は、ごく一部の人々にとってたいへん頼もしい存在となるし、少し教育すればすぐ彼らのいいなりになる大臣も多いので、軽視できない人々ではある。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を