この辞典の使い方「た」で始まる言葉>ただではおかないの意味

カテゴリー:慣用句

只では置かない、只は置かない

ただではおかない、ただはおかない

 只では置かない(ただはおかない、ただおかない)の「只(ただ)」は「普通の状態」という意味。「ただではおかない」つまり「普通の状態ではおかない」は、危害を受けた相手に対して放つ言葉だが、「お金をたくさんあげて普通ではない金持ちにしてあげるから許してね」という意味ではなく、「顔をぼこぼこの普通でない状態にしてやる」「裁判で身ぐるみはがしてやる」など、「普通より悪い状態にする」すなわち「仕返しをするから覚悟しておけ」という意味である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を