ダメモト、駄目元

だめもと

 ダメモト(駄目元)とは、「駄目でもともと」の略で、試みて失敗しても何もしないのと同じ結果となる場合に、「ダメモトでやってみます」などと自らを鼓舞するため、あるいは「駄目もとで挑戦してみろ」などと励ましの言葉として用いられる。サントリーの創業者鳥井信治郎氏のモットー「やってみなはれ」の精神は、この「ダメモト」と似た響きがあるが、企業の場合、挑戦に失敗したときの損失は大きく「ダメでもともと」というわけにはいかない。つまり「やってみなはれ」はギャンブル的な要素が強く、並みの経営者が吐ける言葉ではない。一方、「ダメもと」は、「ダメ」の可能性が高いことを前提とした物言いであり、「どうせダメなんだから、やっちゃえ」といった、われわれ同様という無責任なヤツが、お気楽に(あるいはやけくそで)何かを始めようとする場面にふさわしい言葉である。(CAS)

ダメモト ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を