この辞典の使い方「そ」で始まる言葉>蕎麦、ソバの意味

カテゴリー:食文化、料理、食品、食材

カテゴリー:図版付き解説

蕎麦、ソバ

そば

 蕎麦とは、日本を代表するヌードルのひとつ。江戸時代、関東地方で大量に生産されるようになった濃い口醤油がつけだれに最適だったため、江戸っ子の食べ物(つまり都会の貧乏人の食べ物)として認定され、短時間ですばやく食べろとか、つゆに深く浸すなとか、大きな音をたてて吸い込めとか、食べ方をうるさく指示され格好をつけて食されてきた。そのせいか関西地方ではうどんに比べてあまり人気がない。

 金細工師が練ったソバ粉で飛び散った金粉を拾い集めたところから、ソバは「金を集める」縁起のよい食べ物として大晦日のカウントダウンや引っ越しのお祝いに食された。しかし、そんなこむずかしいいわれはさっさと忘れられ、ソバが細く長い食べ物であるところから、大晦日に食べる年越しソバは「細々とでもいいから長生きしますように」、引っ越しソバは「トラブルがない程度の長いつきあいができますように」という後付けの理由が付されるようになった。どちらにしても「細くてもいいから」というところに、あまり高望みしない日本人的な性格が垣間見られる。

 年越しソバは現代にも続く風習であり、そのせいか日本では無駄に長生きする年寄りが増えている。一方、引っ越しソバは現代ではややすたれた風習であり、おかげで近所づきあいはソバほどの細ささえなくなっている。(CAS)

蕎麦、ソバ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ