赤飯

せきはん

 赤飯とは、もち米に小豆(あずき)などを混ぜて蒸したもの。小豆の色が米に移って赤茶色になることから赤飯(赤い飯)という。また、もち米を蒸したものを「強飯(こわめし)」というが、豆を混ぜた赤飯のことも「おこわ」ということもある。赤い色がハレの日の食事にふさわしいというので、赤飯は祝い事に用いられる。そんなにめでたい食べ物だったら毎日食べればよさそうなものだが、毎日食べるほどたいしてうまくないし、毎日毎日食べつつけたらめでたさもありがたさも薄れてしまうので、ここぞというときの決め球として饗されるのである。(CAS)

赤飯 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ