ぜん

 禅とは、禅宗という仏教の一宗派が提唱する教義や思考方法のこと、あるいは、職場やスポーツの試合などで上司や監督が部下や選手を指導するさいに、論理的な説明が難しい状況で持ち出すと便利な考え方。

 禅的な言葉の使用方法としては例えば、重要な仕事やスポーツの試合にさいして監督やコーチが「無我の境地でのぞめ」などと言う。言葉通りに訳すと「何も考えずにやみくもに取り組め」ということで、とても責任ある立場の人物が発する言葉とは思えないが、実はその言葉の裏には、「十分練習を積んだはずだから自信を持って取り組め」といったリラックス効果を期待した意図があり、指導される側もなんとなくだがそれを理解している。このような、理論を放棄したダイレクトなコミュニケーションが「禅」なのだといえる。(CAS)

禅 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ