狭き門

せまきもん

 狭き門とは、大学やオーディションなど競争が激しく合格するのが難しいことのたとえ。もとは、新約聖書「マタイ福音書」で、山上のキリストが「狭き門より入れ」と、天国にいたる道の険しさを説いたもの。アンドレ・ジッドは同名の小説を書いているが、大学受験の修羅場を描いたものではなく(当たり前ですが)、恋心を捨てて信仰に身を捧げた女性の「よしゃあよかった」という物語である。

 天国への入国希望者は非常に多いと思われるが、募集人数が不明なので、どの程度の競争率、つまり狭き門かは明らかではない。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ