この辞典の使い方「せ」で始まる言葉>世間は広いようで狭いの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

世間は広いようで狭い

せけんはひろいようでせまい

 世間は広いようで狭いとは、広く見える人間社会も実は狭いものだという意味の決まり文句で、思いがけない場所で旧友と出くわしたようなシーンで用いられ、英語にも「Small world(小さい世界)」という似た表現がある。

 というわけでこのことわざは、偽名を使って逃げ回っていたにもかかわらず借金取りに見つかってしまったというような劇的なシーンに適した文句のように感じられるが、そんな場面ではまず用いられない。なぜならこのような状況では、逃げ回っていた方も、追いかけていた方も、「世間は広いようで狭いものだ」などとのんきなことを言っている心の余裕がないからである。(CAS)

世間は広いようで狭い ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆ピザは解放である

デリバリー

◆イナゴ食っても肉食?

肉食

◆ラーメンは何食?

和食日本食

◆え?それを食う?

河豚の卵巣の糠漬け

 

◆オレも苦しいんだよ

お互い様

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を