この辞典の使い方「す」で始まる言葉>酸いも甘いも噛み分けるの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

酸いも甘いも噛み分ける

すいもあまいもかみわける

 酸いも甘いも噛み分けるとは、人生の苦しい場面(酸っぱいもの)も幸せな場面(甘いもの)も味わい尽くしたので、どんな状況にも適切な対処ができるという意味で、人生経験、特に男女関係の経験が豊富であることを言い表したことわざである。酸いも甘いも噛み分けるほどの人生経験を経た人々は、しばしば熟年、熟女などと呼ばれる。つまり、果物が熟すように味わいが深くなった年代、女性という意味であり、要するに、自分自身が腐りかけた果物のように酸っぱく、甘くなっているので、腐ってどろどろした人生模様のあらゆる場面に対応できるというわけである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を