数寄者

すきしゃ

 数寄者とは、好きの道(恋愛や芸道など)に励む者といった意味で、主に茶人についていう。なかでもこの言葉が発生した安土桃山時代には、千利休により大成されたわび茶に共鳴してその禅的、変態的なスタイルを愛する人々をいった。江戸時代になると、そのひねくれた趣味を他の芸術、芸道にも敷衍した物好きな連中を含めて数寄者と呼ぶようになった。

 なお「すきもの」と読むと、「ただの女好きのバカな男」という意味になるので、用法には注意が必要である。(CAS)

数寄者 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を