この辞典の使い方「す」で始まる言葉>ズル休みの意味、語源

カテゴリー:社会、教育、交通

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

ズル休み、ずる休み

ずるやすみ

 ズル休み(ずる休み)とは、「朝起きるのがめんどくさい」「かったるい」などという理由で学校を休むことをいう。つまり怠けて休むことだが、学校に対しては「朝起きるのがめんどくさい」「かったるい」とは言えないので、「朝から頭が痛くて」などとウソの説明をする。ここのところがズルい(狡い)、つまり悪賢いから「ズル休み」というのである。しかし、現代でこそ「悪賢い」という意味で用いられる「ズル」だが、この言葉が使われるようになった江戸時代の後期には、着物をちゃんと着ないでだらしなくひきずっているような様子「ずるずる」などと同様、「だらしない」「やるべきことをやらないで」といった意味で用いられていた。したがって「ズル休み」も、まさに「朝起きるのがめんどくさい」「かったるい」といった正当な理由(?)で休むことを言ったのである。そんなヤツに限って悪賢くたちまわって、それらしき理由をもっともな口調で説明してウソをつくことが多いので、現代の「ズルい」=「悪賢い」という意味が派生したのではないかと考えられる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を