この辞典の使い方「す」で始まる言葉>スープの冷めない距離の意味、由来

カテゴリー:社会、教育

スープの冷めない距離

すーぷのさめないきょり

 スープの冷めない距離とは、スープを作って運んでいっても適切な温度で食べることができる距離、すなわち、スープの出前の限界距離をいう。要するに「近所」という意味だが、社会学的には、高齢の親の面倒をみるのがいやで見放しても、毎日食事を作ってやっていると言い訳ができ、体面が保てる都合のよい居住範囲として引き合いに出される言葉である。

「スープの冷めない距離」という言葉の由来としては、イギリスの高齢者医学のレポートに用いられていた類似の表現を翻訳したものなど諸説あるが、イギリスやアメリカでこの言葉が一般的に用いられている形跡は見られず、「親は同居するのが理想」というタテマエが根強く残されている日本ならではの用語ではないかと思われる。(CAS)

スープの冷めない距離 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆あの○△□は何だった

おでん

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を