この辞典の使い方「す」で始まる言葉>すそわけ、裾分けの意味、語源、由来

カテゴリー:日本論、国民性、習慣、礼儀

すそわけ、裾分け

すそわけ

 すそわけ(裾分け)の「すそ(裾)」とは、着物の下端のことで、そこから物の端や一部分、山の麓などについてもいう。「すそわけ(裾分け)」は、もらいものを他の人に分け与えることをいい、「おすそわけ」と丁寧語の「お」をつける場合が多い。

 「すそわけ(裾分け)」は本来、収穫した食べ物などを一族で分けあったり、交換したりして、仲間との一体感を深めようとした習慣にもとづく。しかしいまでは、もらいはしたものの「まずくて食えない」とか「オレの好みも知らず嫌いなものをよこしやがって」というようなものを、他の人に押しつけることを主に言っている。(CAS)

すそわけ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を