蜆、シジミ

しじみ

 蜆(シジミ)とは、淡水、汽水(淡水と海水のまじった塩分の少ない水)に生息する小型の貝で、日本人には味噌汁の具としてアサリとともになじみ深い貝。「シジミ」は「縮み(しじみ、ちじみ)」からきているようだが、殻の表面に縮んだような文様があるからとも、煮ると身が縮むからどもいわれる。日本料理にシジミの味噌汁が添えられていたりすると、その小ささゆえに、実をひとつひとつほじりだして全部食べるべきか(非常にせせこましい姿である)、出汁が十分に出た汁だけ飲んで終えるべきか(「気どってるんじゃないよ」という態度である)、悩ませられる食材である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を