この辞典の使い方「し」で始まる言葉>白羽の矢が立つの意味、由来

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

白羽の矢が立つ

しらはのやがたつ

 白羽の矢が立つとは、多数の中から特定の人物が選ばれることを言う。昔、人身御供(神様へのいけにえ)を出さなければならない家に白い羽の矢が射られたことからきた慣用句。つまり、「重大な仕事ではあるが、失敗する可能性も高いので、失敗して処分されてもたいして影響のないやつにやらせよう」みたいな、当の本人にとってはありがたくもなんともない犠牲者選びのような人選について言う場合が多い。(CAS)

白羽の矢が立つ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を