消去法

しょうきょほう

 消去法とは、数学において連立方程式の標準的な解法をいうが、慣用語として、多くのものごとの中からひとつまたは複数を選び出す際に、条件に合わないものや欠点のあるものを除外していき、残ったものを採用する方法をいうのに多く用いられている。例えば社員採用の場において、採用担当者が「よくもまあ、こんな有象無象ばかり集まったもんだな」とあきれながら、箸にも棒にもかからない連中を次々と落としていって、最後に、とりたたて長所もないがこれといった短所もないという「帯に短したすきに長し」という人材を残すやり方である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ