情状酌量

じょうじょうしゃくりょう

 情状酌量とは、刑事裁判において裁判官が「事情はわからんでもないから、刑はおまけしとくね」と判断することをいう。「情状」は犯行を犯すにいたったいっさいの事情をいい、「酌量」は「事情をくみ取る」という意味。情状酌量はつまり、裁判官が大岡越前ばりのいいところをみせる機会である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を