尻切れとんぼ

しりきれとんぼ

 尻切れとんぼとは、ものごとが最後まで続かず中途半端な状態をいう。たとえば、「禁煙」という行為の全体像のことである。または、あまりに視聴率が低くて打ち切りになった連続ドラマの結末である。

 尻切れとんぼの語源は、交尾のしすぎで(かどうか知らないが)お尻が切れてしまったとんぼ、と考えればわかりやすいが、かかとのない短い草履(ぞうり)を「とんぼぞうり」または「とんぼ」と言ったからという説がある。ただ、古語辞典には「しりきれ」として「尻切れ草履のこと」とあり、「とんぼ(とんばう)」には尻切れ草履の意味はないので、「尻切れ草履」の「尻切れ」から「尻切れとんぼ」という言葉が生まれ(「尻切れとんぼ」が先にあったのかもしれないが)、そののち「尻切れ草履」のことを「とんぼぞうり」または「とんぼ」と呼ぶようになったと考える方が自然なような気がする(ちなみに、現代語の辞典にも、しりきれ草履の意味としての「とんぼ」または「とんぼぞうり」という語は載っていないので、「とんぼぞうり」という言い方がほんとうにあるのかどうかもよくわからない)。つまり、「尻切れとんぼ」は「交尾のしすぎで(別にそのせいでなくてもいいが)尻が切れてしまったとんぼ」という直接的な語源と考えてよろしいのではないだろうか(注:深く追究はしていません。反証となるデータがあればお知らせください)。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ